【2019年4月15日】台灣工作機械情報

インダストリー0バブル後 産学引き続きイノベーションを研究

2011年以来、ドイツによる「インダストリー4.0」などの政策推進の下、世界のスマート製造という風潮とイノベーション論を引き起こしてきた。日本と台湾の一部学界ではインダストリー4.0はバブル状態になっており、今後実体システムに焦点をあてて最良の差別化を確立してこそ価値あるリーンスマート製造を作り出せると考えている。

台灣工作機械情報2019年4月

發表迴響

你的電子郵件位址並不會被公開。 必要欄位標記為 *