Archive for 四月 2014

【MA雜誌59期】2014年04月 東海精實管理專欄《金融風暴後豐田汽車精實變革最前線》

文 / 東海大學精實系統團隊 劉仁傑教授

全球汽車暨零組件產業的活絡,反映主要國家產業的興盛。2013年度獲利數據相繼出爐,日本7家汽車廠獲利合計創歷史新高,豐田汽車也以2.4兆日圓的獲利,改寫全球金融風暴之前,亦即2007年度的歷史紀錄。

作者最近聆聽豐田汽車生產本部長牟田弘文的演講,直接感受到過去五年環境劇烈變遷下,豐田集團的精實實踐已經進入全新境界,一種能夠調適環境變動的價值創造模式,呼之欲出。作者除預計在東海大學每年舉辦的TPS產學合作研討會(2014年7月1日)作深入剖析外,先撰寫這篇短文分享讀者。…

Read more

小鑄件高品質 毛利率是鴻海三倍

引自  2014-03-05 天下雜誌 542期  作者:許以頻

資料來源:http://www.cw.com.tw/article/article.action?id=5056333&page=1

2014.04.28

圖片來源:鍾士為

俗話說「魔鬼藏在細節裡」,台灣第一大鑄造廠穎杰,更從日本客戶那裡,學走「把關細節」的技術。因而從谷底翻身,成為高含金量的產業,毛利率更是鴻海三倍。

Read more

上銀切線外循環滾珠螺桿獲台灣精品金質獎

【2014/04/25精實新聞】

2014年台灣精品獎於4月24日揭曉,上銀所研發的「切線外循環滾珠螺桿Super T系列」從眾多台灣精品中脫穎而出,第7度榮獲『金質獎』的殊榮。這也是上銀從2001年來連續14年榮獲的第16座台灣精品金銀質獎。

Read more

精實變革與台日聯盟-導讀《山田流生產革新》

getImage

劉仁傑

近十餘年來,我個人持續應邀到日本知名大學與企業擔任台日合作專題講座,深感台日產業界造物管理的價值觀最為接近,價值創造上遇到的困境也十分雷同。歷經十餘年而不衰的全球精實變革風潮,正與台日企業合作趨勢相互呼應。《山田流生產革新》的出版,印證了這項事實…

Read more

台灣引興 通過TPM優秀賞A類審查

經濟日報.E1版.自動化專刊.記者宋健生/台中報導

台灣引興歷經七年努力,最近通過由日本設備維護協會(JIPM)設立的全面生產保養TPM優秀賞A類審查,成為全球第一家贏得該項優秀賞的風琴護罩、伸縮護罩、輸送機與工具機鈑金專業製造廠。

Read more

中國大陸發展工具機 排擠台商市場

【2014/04/22聯合報】

工研院產經中心(IEK)指出,面對中國大陸積極發展工具機產業,排擠國內廠商市場,建議台廠得從發展製造業服務化,提高中階產品價值,並選擇優勢互補的外資合作夥伴,並不斷強化關鍵零件的核心技術。中國大陸工信部積極培植工具機產業,強調須建構數控機床產業鏈,使其國產數控金屬加工機床的國內市占率達70%,並讓國產數控系統和主要功能部件國產化。

Read more

上銀TPS持續改善啟始 國瑞汽車見證

【2014/04/15鉅亨網】

上銀科技表示,該公司在台中營運總部舉行HIWIN團隊「TPS持續改善」啟始大會,並邀請到經濟部工業局蔡科長、國瑞汽車總經理星野晴秋及財團法人精密機械研究發展中心常務董事陳重光等貴賓一同來見證與支持。上銀盼望藉由TPS的觀念導入,引領同仁持續不斷改善,達到製程最順暢的境界,邁向世界第一。

Read more

日台ビジネス アライアソスにおけるハブ企業の生成-工作機械メ―カーのケ ーススタデイー

劉仁傑 2013.10

日台ビジネス アライアソスにおけるハブ企業の生成-工作機械メ―カーのケ ーススタデイー

トルコの生産革新と中小機械メーカー

工業経営研究学会『グローバリゼーション研究』Voi.9 No.1 2013年9月刊行

劉仁傑

要旨

トルコはヨーロッパ、アジアと中東の結節点に位置し、重要な経済拠点は西側のイスタンブールとその周辺に集中している。トルコは台湾の工作機械の輸出先として、中国とアメリカに並ぶトップ3の存在であり、台湾にとっては遠くて近い国でもある。本稿は台湾の工作機械企業の生産革新と製品市場を紹介すると共に、トルコでの現地視察の成果を生して製造現場に着目する。リーン生産方式がどの程度まで推進されているか、そして、何故、トルコは台湾の工作機械を選ぶのか、どのように使われているかに関して実状を把握する。これによって解明した情報に基づいて、トルコ企業では次の二点がその競争力を支えていることが明らかになった。第一に、大企業はグローバルに採られる生産革新戦略と立地によって生まれたハブ型製品戦略という両面の戦略を採っていること。第二に、中小企業は質の良いあらゆるレベルの機械を使い分け、使いこなす能力を持っていることである。

Read more

製靴産業におけるアジア分業の研究 ―台湾からタイを経由して中国とベトナムへ―

工業経営研究学会『グローバリゼーション研究』Voi.8 No.1 2012年9月刊行

劉仁傑

要旨

靴産業の生産基地が日本から台湾と韓国、そしてタイ、中国、ベトナムへ移り変わっている。台湾企業は1986年に製靴産業のピークを迎えたが、2008年現在台湾系企業は海外拠点でNike、Adidas、Reebok、Puma、Timberland、Asics、New Balanceなどグローバルのトップブラントの委託加工をの9割を占めている。本稿は、マクロ的な分析を試みたほか、タイを経由して現在中国とベトナムの生産拠点しか持っていないOSI、中国で生き残り戦略として生産革新を行っているN社のケース∙スタディも行った。それによって解明した情報に基づいて、製造産業におけるアジアの分業や規定要因を探り、幾つかの理論的実践的な知見を得ることができた。

キーワード:靴産業、台湾系企業、アジア分業、生産革新

Read more