Archive for 台湾工作機械情報

【2017年4月15日】台湾工作機械情報

201 6年台灣工作機械産業の振り 返年

欧州中央金融緩和政策が成功してインフレ上昇、フランスおよびドイツがEU圏の経済強化復興を率いた。EU圏は製造業購買担当者指数PMIに変化をみせ、2月の最新数値は55.5、景気の盛衰を分ける50の境界を突破した。2011年5月のピークと照らし合わせてみると、確立六年来の新記録、EU圏の製造とサービス業は完全回復を遂げた。今年欧州の多くの国で大きな選挙、3月にオランダ国会議員選挙、4月にフランス総統選挙、9月にドイツ総統選挙が行われる。各国後任者が選ばれた後(債権国の政策も変わる可能性があるため)、ギリシャの経済危機対策が遅れ、欧州の経済にも影響が及ぶ。

台灣工作機械情報2017年4月

【2017年1月15日】台湾工作機械情報

台湾工作機械 2016年10月までの分析と全年の見積もり予測

前三季の国際経済情勢を観察して、アジア方面に日本消費信心と民間投資の穏やかな回復があり、中国は供給面で政策の調整で効果が徐々に作用している。消費、投資及び貿易はバランス良く改善している。しかし欧米では、米国の製造業購買担当者指数(PMI)が加わり、欧米総合経済観察指数(ESI)はみなこれまで低い。回復の動きも弱まる兆しを見せている。その他に、台湾工作機械輸出は去年同期と比べて勢いよく下降している。さらに日本、韓国、中国の工作機械、精密機械、電子情報製品からの圧力が加わって、台湾産業は転換、組み立て調整の大きな挑戦に直面している。

台灣工作機械情報2017年1月

【2016年10月15日】台湾工作機械情報

2016年台灣工作機械上半期産業売上の回顧と年度の動向

世界市場の需要低迷に対面して経済体系の回復効果は弱く、主な経済予測機構は皆2016年経済成長の予測値を修正した。上半期英国のEU脱退が決定されたことは、世界の株価市場に大きな波動を与えたこと以外に、下半期の世界の景気成長にも影響を与えるだろう。英国は我が国への輸出1,3%にすぎないが、世界の経済低気圧の波に覆われて不景気の恐怖が暫く続き、台湾の対外貿易や経済の影響を与え、総合的に見て不明朗な経済景気が下半期の数値上に反映されることになりそうだ。

台灣工作機械情報2016年10月

【2016年7月15日】台湾工作機械情報

2016年台湾工作機械産業の現状と展望

2015年下半期世界経済の低迷の影響、加えて日本円の上昇、ユーロとドルの為替レートは一律下落したことで、我が国工作機械産業2016年第一季輸出貿易も影響を受け、輸出全体は衰退の「低潮期」を招いた。全体の経済情勢上、近年の国際資金面は緩やかな傾向を維持している。そして産油国は生産凍結を放つ意向を見せオイル価格は跳ね上がり世界の景気回復へと促した;国内経済方面では年末休暇明けとともに勤務日数は正常に回復し、中央銀行の利下げ政策、国内メーカーの景気は次第に回復した。図1は台湾国内の工作機械産業の例年生産額と輸出額データ。

台灣工作機械情報2016年7月

 

【2016年4月15日】台湾工作機械情報

2015年台湾工作機械産業の振り返り

2015年は新興市場ニーズの急激な減退や中国の経済成長の停滞、欧米景気復活の見通し不安、さらに日本、韓国及び一部欧米国家の貨幣価値下落等の国際情勢を受け、台湾の工作機械産業はここ5年以来最大の冬を迎えた。生産額と輸出額は2014年に比べいずれも衰退の状況を呈しており、なかでも2015年の生産額(速報値)は約1,352億台湾ドルに留まっている。2015年度台湾工作機械産業歴年の総生産額及び輸出額を図1に付す。

台湾工作機械情報(2016年4月)

【2016年1月15日】台湾工作機械情報

2015 EMO展 台湾工作機械産業を啓発

2015年10月5-10日のEMOミラノ国際工作機械展には二つの意義があった。第一に、参加国数規模が世界第一位であったこと、第二に、絶えず新製品や新概念を世に送り出していることである。2014年の台湾の生産額は約47億米ドル、輸出額は約37.53億米ドル、世界七位の工作機械生産国であり、世界第四位の工作機械輸出国となっている。しかし、世界の消費市場の減退や工作機械のニーズ減少に面し、台湾工作機械の注文・販売は大きな影響を被っている。故にEMO展に参加し金属製品の将来の応用や加工技術について理解を深め、台湾工作機械産業が世界の設備供給においてどのような役割を演じるのかを模索するのである。

【2016年1月15日】台湾工作機械情報

【2015年10月15日】台湾工作機械情報

2015年台湾工作機械上半期の生産・販売振り返りと今年度の趨勢

【当研究室整理】

世界市場のニーズ減少に対し、台湾の主要貿易市場であるアメリカ、ヨーロッパはいずれも2015年度の経済成長予想額を下方修正している。中国の経済成長も緩やかなものとなっており、下半期への展望に対しては依然として保守的態度を取っている。これにより全体の市場投資や買収意欲は影響を被っている。ほか、ここ半年で台湾ドル対米ドルのレートは上昇、対してユーロ、円、ウォンは競って下落しており、台湾工作機械の営業収入と受注にショックを与えている。全体的に見ても、経済景気の不明瞭さは下半期のデータ上に表れている。
台湾工作機械情報(2015年10月15日)

【2015年07月15日】台湾工作機械情報

2015年度台湾工作機械産業の現状と展望

【当研究室整理】

2015年度の世界経済の体制は疲労状態を見せている。主要市場であるアメリカ、日本、中国、ASEAN国家らは皆輸出減少や内需不振等の減少に見舞われ、景気は相対的に下向いている。このほか、日本円、ユーロ対米ドルレートの長期下落の趨勢は台湾の工作機械産業の輸出に少なからず影響を与えており、日に日に状況は悪化している。加えて中韓FTAが台湾の産業に与える影響が徐々に表面化しており、業界は、台湾工作機械産業は遠くない将来に低迷期を迎えると考えている。

【2015年07月15日】台湾工作機械情報

【2015年4月15日】台湾工作機械情報

2014年台湾工作機械産業の振り返り

【当研究室整理】

2014年のアメリカ経済の安定、中国の自動化設備へのニーズ増加、世界自動車産業の隆盛と国内投資の復活により、国内工作機械生産額は1,494億元に回復し、年増率15.8%となった。2014年台湾工作機械輸出の月ベースは図1の通りであり、2003-2014年台湾工作機械産業の総生産額並びに輸出額を図2に付す。

台湾工作機械情報(2015年4月)

【2015年01月15日】台湾工作機械情報

台湾工作機械2014年前11ヶ月の分析と一年の予想

【当研究室整理】

2014年の上半期の輸出の大幅成長はすなわち世界市場の復活の恩恵によるものである。特にアメリカ市場のニーズの高まり、スマートフォン製造市場の大幅成長は工作機械設備のニーズを生み、オートメーション化ロボットの機械設備への投資は明らかに増加した。下半期には日本円の下落が加速し、徐々に台湾工作機器メーカーの輸出状況に影響を及ぼし始め、台日双方の製品の価格差は大幅に縮まった。台湾メーカーはこれにプレッシャーを感じている。欧米の発展に関しては、アメリカは安定しているものの欧州は一時的に停滞している。アジア方面においてはASEANが安定成長を続けており、逆に中国国内のニーズは緩やかに減少している。また日韓両国の国内の状況は芳しくなく、世界景気の不確定性を深めている。2014年累積前11ヶ月の台湾工作機械輸出額は34.32億米ドルに達し、昨年同期に比べ6.2%成長している。

【2015年01月15日】台湾工作機械情報