Archive for 日本での研究活動

【2020年7月15日】台灣工作機械情報

  • Gartnerのトップ10大戦略:デジタルツイン

一般大衆がデジタルツインにもつ理解はソリッドモデルとバーチャルモデルの構築と離脱だろう。Gartnerがこの件に関し以下4つの項目に分けて説明した。

①バーチャルモデルの頑健性―これによりいかに業務成果を出すか

②現実世界との連動性―このモデルを通し即モニタリングできるか

③先進的なビッグデータ分析とAI応用による新たな商機

④バーチャルモデルの相互性と評価の“シュミレーション”

【2020年4月15日】台灣工作機械情報

  • 想像を覆す明日の世界に備えて 

台湾工作機械産業はスマート化戦の未来を迎える

アシスト業者の競争力向上、確実な市場態勢の掌握、転換型成功のために、台湾の工作機械とパーツ工業同業会(以下工作機械公会)は2019年12月16日「台湾工作機械産業スマート製造の現状と実行方法の探求」検討会を開催し、インダストリー4.0の波浪の下、台湾工作機械産業がいかに市場の変化に対応していくか、スマート製造を実現していくかを話し合った。

【2020年1月15日】台灣工作機械情報

  • スマート科技、未来の生産製造に向けて動き出す

欧州工作機械見本市(EMO)は2年に一度開催されている。決まって奇数年に開かれ、欧州工作機械業提携委員会(CECIMO)がドイツ工作機械製造工業会(VDW)に委任して開催している。 歐洲工作機械業提携委員会 (European Committee for Cooperation in the Machine Tool Industry, CECIMO)には15か国の工作機械産業工業協会が所属し、全部で1,500を超える企業が会員登録している。国際工作機械市場の中ではかなり重要な地位にある。しかもドイツ工作機械製造工業会(The German Machine Tool Builders’ Association, VDW)は、ドイツ最大の工作機械産業工業会で、300超のドイツ中小企業が会員となりドイツ工作機械生産額の90%以上を占めている

【令和2年11月5日】アフターコロナの時代における~日台リーン・スマート・モノづくり戦略

新型コロナウイルスの蔓延は、グローバル・サプライチェーンの切断のリスクを高め、世界の経済発展に影響を与えています。さらに、人々の生活や仕事のパターンを変え、デジタルテクノロジーの適用と開発をさらに加速させました。世界の経済成長に対する新型コロナウイルスの蔓延の影響に直面している台湾と日本の産業は、デジタル技術を適用サプライチェーンの再編に適用させて、産業の回復力を強化する方法を考えるだけでなく、「リーン・スマート・モノづくり戦略」を推進する必要があります。新しい顧客価値を創造し、運用上の困難を克服します。

新型コロナウイルス収束後の日台産業における「スマート・モノづくり」と「デジタル・トランスフォーメーション」の発展の方向性を探るために、本セミナーは、日本と台湾ものづくり研究の第一人者:藤本隆宏教授(21世紀COE) v.s. 劉仁教授(産学連盟PLUS)を招待し、サプライチェーン再構築戦略、デジタルイノベーション開発モデルに関連する議論を行い、コンセンサスが醸成されることにより、台湾と日本のスマート・マニュファクチャリングの共創と発展が促進されることになります。

詳細は以下のURL通りになります、ご確認よろしくお願い申し上げます。
http://japan.tnst.org.tw/front/bin/ptdetail.phtml?Part=3-063&Rcg=47

申込方法はオンラインの事前登録になります。

また、開催はオンラインのライブ配信の形でございます。

【2019年04月15日】台灣工作機械情報

  • インダストリー4.0バブル後 産学引き続きイノベーションを研究

2011年以来、ドイツによる「インダストリー4.0」などの政策推進の下、世界のスマート製造という風潮とイノベーション論を引き起こしてきた。日本と台湾の一部学界ではインダストリー4.0はバブル状態になっており、今後実体システムに焦点をあてて最良の差別化を確立してこそ価値あるリーンスマート製造を作り出せると考えている。

日本学術振興会のあるプロジェクトの観察によれば、いまドイツ政府のインダストリー4.0政策の実践は全く進展していない。

台灣工作機械情報4月

【2018年7月15日】台灣工作機械情報

2018年台灣工具機產業現況與展望 2018年台湾工作機械産業の現状と展望

国際現物料価格は勢いよく強まっている。産業閑散期を招いている原因が続くことでスマート型携帯の需要不振、勤務日数減少のために4月の輸出、海外販売注文額と工業生産値はともに先月より差が出てきた。そこで影響がある製造業メーカーは、当月景気を見守る方向に転換した。表―台湾工作機械産業の暦年輸出価格数値。

台灣工作機械情報2018年7月

【2019年1月15日】台灣工作機械情報

凱柏精機、中台に多様化機種を配置 

蔡清哲氏:「IIoTに加入し更なる産業価値を生み出す」

同時期、中台両岸のベストなロケーションに生産資源が建設された。台湾同業者とは異なるプロジェクトだ。蔡清哲氏は、この工作機械の最大消費市場を手放してはいけないと考えている。また台湾を考慮することは企業にとってなにより外せない。台湾は企業の根本だからだ。ゆえに創業後すぐ台中とシャンハイを選んで工場を建てた。彼らは品質に対してこだわりを持っており、顧客の需要を診断、製品開発過程、納品から使用段階の各一環すべてにイノベーション技術、過程の改善と顧客の思いを取り入れている;しいては顧客の需要、使用者の自信向上をしっかりと満足させるべく、最高に信頼できるベストサポーターとなれるようにしている。

台灣工作機械情報2019年1月

【2018年10月15日】台灣工作機械情報

2018年台湾工作機械上半期生産の振り返りと年度の傾向

国際予測機構国際通貨基金(IMF)とエコノミストなどの国際予測機構が発表した更新数値の観察によれば、「世界経済は依然強まってきているが、主な経済国家の回復力は定かではない。米国経済は拡張し続けているが、ユーロ圏、日本や中国の成長は非常に緩い。」IMFは同時に、貿易戦は今年世界の経済成長に大きな破壊力をもたらす可能性があるとも警告している。

台灣工作機械情報2018年10月

【令和元年9月7日】「リーンスマートマニュファクチャリングのフロンティア」(日本生産管理学会第50回全国大会特別講演)

世界的なインダストリー4.0の波は今、バブル崩壊へと進んでいる。日本と台湾の製造業は今後如何にして、フィジカルシステムを中心とした差別化の確立に取り組んでいくのか。本文では、インダストリー4.0の本質と企業におけるリーンスマートマニュファクチャリングの実践に焦点をあて、価値創造の本質と提案を論ずる。

 

「リーンスマートマニュファクチャリングのフロンティア」(日本生産管理学会第50回全国大会特別講演)

【2018年8月 】リーン的経営哲学からみた開発・製造システム(工業経営研究)

要約

リーン的経営哲学とは開発、生産や販売サービスなどの経営プロセスにお

けるムダやトレードオフを解消するために衆知を生かす知恵や原理である。

本稿はグローバルなリーンシステム応用の視点から分析の枠組を提示し、マ

ツダのエンジン開発およびメキシコ工場の事例研究を行なった。そこでは意

識革命、良い流れを創る方法の学習・実践、組織的適応という三つのプロセ

スとその循環が有効な枠組であることを明らかにし、海外においてはあまり

見られない理念やビジョン志向、実践志向、目に見えない組織的な適応志向

をインプリケーションとして挙げている。

リーン的経営哲学からみた開発・製造システム(工業経営研究)